中古車買取価格 秒速簡単査定

ようこそ当サイトへ本サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

このサイトは、車を乗り換える時、必要のなくなった車を売りたいときに、
ぜひ、ご利用していただきたい車買取一括査定を紹介するサイトです。

私自身、車に乗るようになって、30年ほどで10台乗りついできた経験から、
インターネットの環境の中、これは利用しないと損だなと思い、
また、知らない人に知ってほしいことを踏まえてサイトを作っています。
ここに紹介する一括査定は、利用する価値は充分あります。

一読していただき、ぜひご利用して、少しでも高く車が売れることを願っています。


多くの皆さまが所有している乗用車は購入して不要になったあとはどうされていますか。事故になった場合は廃車処分に、まだ乗れる場合は次の自動車を買うときに下取りとして、または次は乗らないからということで、中古車販売店などに買い取ってもらうことがほとんどです。たまに、乗れないからといって、路上や空き地に放置してあるものを見かけますが、不法投棄ですので、普通はやらないことです。
今回は自動車を買取ってもらうためには、どういった流れで行われているかを説明した上で、買取額を上げるための方法、中古車を販売するにあたって行っていることを中心にまとめていきたいとおもいます。
中古車はちょっと古くて、誰かが乗っていた車でありますが、新車に比べて安いということで、中古車が欲しいという方が多いから、いらなくなった自動車の買取が成り立つのです。
また、自動車を下取りや買取に出す際、査定が低かったらどうしようというような傷とか凹みなど不安もあります。そして、「高額買取」とのぼりや看板に書かれていますが、実際は本当に高額で買い取ってくれるのかという疑問もあります。
中古車は、誰かが乗ったものでありますが、中古車でもきれいに使われている車の方をユーザーは好みます。事故歴がある車とかは敬遠されがちです。中古車を買う側としてはそう思うので、買取に出すときは事故で修理していたりすると、「ちゃんと値段がつくかなぁ」とか「希望額通りに買い取ってもらえるかな」とか、いろんな不安が頭をよぎってくるでしょう。細かなところはこれから書いていくわけですが、自動車の買取査定って、買い取った車をほかのお客に売らないといけないので、かなり細かくチェックをしているようです。
ちょっとしたことが査定を下げたり、あげたりすることがあるのです。
本編は私なりの解釈、言葉で述べております。多少の相違などあるかもしれませんが、その旨容赦願います。


>>32秒で概算価格もスグわかる「かんたん車査定ガイド」はこちらをクリック<<

中古車買取査定に出していい車とは?

●いくら古くてもいいのですか?
中古車といっても、ほとんど乗っていないものから何十年も経っているものまで、さまざまですが、とにかく古くなって乗れなくなったからと売ってもその自動車がしっかりとメンテナンスされていて、今でも動くものでないと、中古車市場でも取り扱ってはもらえません。
また、新車で買ってそんなに経っていない車でも事故車の場合は廃車になっても仕方がない場合もあります。
では、どういった車を中古車として取引できるか、買い取ってもらえるのかを考えていきましょう。
詳細はこれから書く事にしますが、最低でも「しっかりとメンテナンスされている」、「傷がない」というのが、基本になるでしょう。それ以外にもその車種の人気とか限定販売のものなどいろいろと細かい条件があります。
査定される方は自動車のいろんな要素を見て、査定を行い、中古車に対して値段をつけていくことになります。
逆に査定に出してはいけない車といいますと、「傷まみれ」、「タバコでシートがこげている」、「エンジンが壊れて動かない」ものになります。大概の人は動かない車は出さないと思いますが、傷まみれとかタバコでシートがこげている車は同じ車種でも安く売買されていると考えたほうが良いでしょう。
これから、どういう車がいい査定をもらえる車なのかについて、しっかりとかんがえていきましょう。いい査定をもらうには普段の車の使い方によって変わると思いますので、少しずつでもいいので、参考にしてみてください。


●え、未使用?
中古車の雑誌や中古車販売店に行くと、「未使用」と書いた自動車がときどきあります。
それはどういった車かというと、「展示品」、「試乗車」などでほとんど人が運転していない車のことで、ディーラーから直接中古車市場に出されることが多いです。
もちろん買ってすぐに売った場合も「未使用」という扱いになるのですが、懸賞で自動車を当てた場合は、受け取ってすぐに売ってしまうと、懸賞品を営利目的で売買することになるので、注意しましょう。
未使用の車はなかなか店頭には出ていないことが多く、オークションなどでとってくることも多いみたいですが、未使用の車を買えたら、中古車を買う人にとっては、新車同然とあって嬉しい限りであります。
未使用はほとんど走っていないため、故障もあまりなく、外観も内装も綺麗なので、新車と同様のレベルであれば、新車よりも安く、お得感もあります。また、乗り心地も以前のユーザーさんの癖がついてなくて、気持ちいいと思います。
未使用状態で自動車を売る場合は、人気車種でなくても、損傷などがないため、それなりの値段で取引してくれます。ただ、先ほど言ったように、営利目的での売買(転売)については問題になりますので、ちゃんと売る理由を説明してから売るようにしましょう。
また、買う側についてはちゃんと未使用車になった理由や状況について、問題ないことを確認してから、未使用車を買うことにしましょう。買う側もちゃんと法的な手続きを踏んだ上で買いましょう。


●もしかして、いじってありますか?
自動車を自分が好きなように改造されている方も多いと思います。
改造の仕方によって、査定結果が異なることが多くあるようです。たいていの場合は、車検に通るかどうかがポイントになってくると考えられます。また、レーシングチームなどと同じ部品メーカーのもので改造がしている場合も査定がその付加価値などで変わってくるようです。
少なくともマフラーに関しては、トラックでもそうですが、爆音を鳴らしたり、排気ガスが多かったりするものについては、違法になってしまうため、車検に通るものに変更してから、査定に出すほうがいいでしょう。
それ以外にも車の内装をいじっている場合があります。この場合は中古車の買取をする人にもよるかもしれませんが、オーディオ関連やレーシング仕様などさまざまあります。
改造については、改造した本人はかなりのお金をかけている場合でも、査定をしてもらったら、そんなに金額が高くないということも少なくはありません。
もちろん、事故もなく、きれいに使われていれば、それなりの査定がつきますが、付加価値として見てくれるかについては、業者によるのではないかと思います。
私自身は改造に関して、否定はしませんが、車検に通らないものについては、販売店さんの方でもあまり取り扱ってくれないこともありますので、そのへんを理解して、改造はしたほうがいいのではないかと思います。
また、改造したことによって、整備不良として、警察に取り締まられることもありますので、十分に注意しましょう。


●ちょっと走りすぎちゃったけど
中古車の買取査定では、走行距離はかなり影響してきます。10,000km走った車なら、そんなには査定が低くなることはありませんが、100,000km走った車になると多少下がります。それは走行した分だけ、部品の交換が多くなるなど、メンテナンスが増えてくるからと考えられます。100,000km走行していても、ちゃんとメンテナンスがされていて、車検も受けている車であれば、値段は下がってしまいますが、買取はしてくれます。
ただ、走りすぎていて、内装や外観がいたんでいる車については、売ってもほとんど値段がつかないこともありえますので、普段からきれいにして車を使うようにしましょう。
最近は通勤で車を使ってはいけない会社も増えていますから、あまり車に乗らないという人もいるでしょう。でも、走ってないからといって、メンテナンスを怠ってしまうと、車は使い物にならなくなり、いらないからということで買取に出した場合に、エンジンがおかしいなどと言われて、買取を断られることもありますので、車に乗らなくても、しっかりとメンテナンスだけはしておきましょう。
もちろん、タイヤについても、摩耗してきます。摩耗したらすぐに交換するようにしましょう。タイヤはローテーションで交換してもいいのですが、4本同時に交換したほうがグリップ力が違ってきますし、見た目もきれいですので、4本同時交換をおすすめします。買取に出す場合、タイヤがツルツルでも出すことはできますが、次乗る人のことを考えると、綺麗なタイヤに履き替えて、買取に出してあげると気持ちいいと思います。


●事故起こして、ちょっと・・・
車に乗っていると、事故に遭遇することもあります。ちょっと、壁にこすったくらいの傷ならそんなには査定に影響は出ませんが、ボディーにへこみがあったりすると、かなりの影響が出ます。さらに事故がひどいと買取に出すどころか廃車にしなければならない場合もあります。
事故が多かったりすると、次に買おうとしている人たちが敬遠してしまいます。事故を起こさず、安全に走って車をきれいに維持することが大切になってきます。事故については車検証などに記載されたりもするので、買取に出しても気づかれてしまうものです。
ちょっとの傷でもと言いましたが、目立たない分には査定に影響はでませんが、目立つものについては査定に影響することもあります。
事故はいつ起こるかわからないものです。普段から注意して、「かもしれない運転」を心がけて、事故の防止に努め、車をきれいに乗るように心がけて行って欲しいと思います。そうすると、車に傷をつけることもありませんし、査定がどうなるかなとかの不安は起きません。きれいな車はそれなりの値段で買い取ってもらえるはずです。
事故を起こさないことはきれいな車を保つための第一歩と考えてください。それが車を査定に出すときにいい値段で買ってもらうための前提条件であることを認識して、普段の車の運転に生かしてもらいたいと思います。
事故を起こしてしまうと、車だけでなく、いろんな人に迷惑をかけるものですから、安全運転でいきましょう。

最短32秒の概算見積りサイトのほか、おすすめ車買取一括査定サイトの紹介

かんたん車査定ガイド

完全無料。
32秒の入力で愛車の最高額をチェックできます。
最大10社の査定額をチェックも可能。


東証1部上場の会社(株式会社エイチーム)が運営してます。加盟している査定を出す買取専門店は、一般社団法人日本自動車流通研究所(JADRI)に加盟の所のみです。
数ある一括査定見積りサイトの中でも、申込が簡単なことでも人気があります。

【ここが特長】
愛車の相場がすぐ知りたい時に役立つところ。それは、申込すると、すぐに概算査定額がわかるところです。
人とはちょっと違う愛車の方におススメです。(例えば寒冷地仕様車、特別仕様車、期間限定車、台数限定車など)


下記のバナーより公式サイトをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓


<スマホ対応>

ズバット車買取比較

登録買取業者が全国150社以上加盟の中から、
最大10社に一括査定がだせる手軽なオークション感覚が人気。

そして、カスタマーサポートがあるところが好評。査定後の問い合わせに対応しています。
はじめてインターネットで車買取査定をする方には心強いサービス。
廃車を覚悟していた愛車に金額をつけてくれるところがありました、と言う声もいただいています。

【ここが特長】
事故車や水没してしまった車の買取も可能。乗り換えではなく、手放して処分(廃車)しようとしている方が、その前に一度査定を依頼する場合も多いです。

下記のバナーより公式サイトをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓


<スマホ対応>

カーセンサー

言わずろ知れたリクルートが運営する
中古車情報誌カーセンサーのwebサイトのサービスです。

実は、申込時に中古車情報誌を出しているところらしく、とても細かに記入します。
つまり、これは愛車の色やオプション、後づけ装備などで、少しでも高額になるポイントを知らせることができると言うこと。
なので、マニアックな車の場合一般的には逆に評価は低いですが、ここでは高く査定が望めます。

【ここが特長】
査定依頼の入力画面にメール対応している業者がわかるところ。電話口に出にくい方に好評。
車買取業者を自分で選択できること。つまり、他の一括査定と併用しておこなえるところ。他で出てきた業者と違う業者を自分で選らんで依頼できると言うこと。



下記のバナーより公式サイトをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓


<スマホ対応>

中古車買取査定の方法は?

●走行距離はどのくらい?
まず、車の年式、走行距離を確認します。
車の年式は車の製造された年のことで、製造されてからどれくらい経過しているのかを確認します。年式が新しいほど、査定額が上がり、年式が古いほど下がります。ただし、年式が古いものでも、生産台数が少なかったものについては、査定額が上がる場合もあります。
走行距離は車が通算で走行した距離を確認します。走行した距離が長いほど査定額が下がっていきます。逆に走行距離が少ないほど査定額が上がります。ただし、リコール対象車だった場合などは距離が少なくても査定額に影響がある場合があります。
しかし、走行距離を偽って高くしようとするケースがありますが、それは違法ですので、絶対に虚偽の申告をせず、公正のもとで査定してもらうようにしましょう。
つまり、新しくて走行距離が短い車が高い査定を受けることができるということになります。
例えば、同じ車種で、Aは「平成24年式、走行距離20,000km」、Bは「平成22年式、走行距離70,000km」の場合、Aの方が新しくて、走行距離も短いため、Aの方が高い査定額で買い取ってもらうことができるということになります。
人によって、長いあいだ乗って、廃車になるまで乗り続けるという方もいれば、新しい車が出たら買い替えるという方といますが、それは個人の自由です。買い替える場合は多くの方がこれまで乗ってきた車を下取りに出して、買取査定を受けます。
年式や走行距離を元にできるだけ高い査定額で買い取ってもらえるように努力しましょう。


●部品の摩耗はありませんか?
みなさんは車を車検などで定期的に検査を受けていると思いますが、その際にちゃんと部品を交換したり、オーバーホールしたりしていますか。部品の交換やオーバーホールをすることによって、車が新車の時と変わらない性能で走ることができるということはご存知かと思います。
部品の交換などを怠ると車の痛みが早くなり、故障が起こり、年式が新しくても走れない車になってしまいます。また、車を買取に出しても値段がつかず、廃車になってしまうことにもなります。
一方、こまめに点検して、部品の交換やオーバーホールをした車というのは、何年経っても安定した走りを続けることができ、車を買取に出しても、ちゃんと買い取ってもらえることもあるのです。
どうせ売るのだから、適当でもいいやという考えではなく、しっかりとメンテナンスを受けて、車の走りを保つことが次に乗る人のことだけでなく、自分の走行にもいいように作用するのです。特にエンジンルームは見えない部分も多いです。しっかりと自動車整備士に頼んで、細かくチェックをしてもらうことが肝心です。エンジンのインジェクタのつまりだけでも燃費に影響してきます。また、タイヤも定期的に空気をいれて、摩耗したら交換するようにして、燃費の向上に努めて、綺麗な状態を保つようにしましょう。
ブレーキパッドやワイパーについても安全に運転するために定期的に交換をしましょう。視界が悪くなったり、ブレーキが効かなくて止まらなくなってからでは遅いですので、注意しましょう。


●塗装がはげたりしていませんか?
塗装面にヒビとか色が褪せたり、さびたりしていませんか。中古車を査定される際に結構チェックされる項目です。塗装面が綺麗なほど、査定としてはプラスに見られることが多いようです。また、事故などで板金をやり直した跡などもない方がいいです。
塗装面にヒビやサビがあると、塗装面の下がさびて、穴があいたりしてしまいます。そういったところがあることにより、事故がなくても査定を下げてしまう要因になってしまいます。自動車が走る環境や駐車スペースの環境にもよるものであれば、自動車を買ったところでちゃんと保管場所に関する相談をしてみるといいと思います。
色が褪せてしまうことについてですが、高温の場所などにおくと、塗装があせてきてしまいます。自動車が走れる気温というのもあります。だいたい-30〜50℃までといわれています。駐車場はできる限り、直射日光に当たらない場所に置くのがよいでしょう。
ただ、駐車場も限りがあったりするので、その通りにおけるかというと、おけません。
そのため、ワックスなどで塗装面をガードして、色あせ等に対応するようにするのもありだと思います。
また、粉塵、雪などでも塗装面を痛めてしまうことがあります。そういうことが無いように洗車、ワックス、ポリマー加工をしっかりやって、いつまでも塗装面をきれいに保つ努力をして欲しいものです。そうすることによって、多少年数が経っているものでもいい査定をもらえることもあるのです。
きれいに保つ努力をしましょう。


●シートや室内は綺麗ですか?
シートはビニールをしたままにしろという人もいますが、ビニールをしたままにする人はまずいません。シートは革張りだとカビ臭くないかとか、普通のだと飲み物をこぼしたあととか、食べ物のカスが挟まっていないかとかを常日頃からチェックするようにしましょう。また、シートの下や座った時の足元が汚れていないかもチェックしておきましょう。汚れていたら、きれいに掃除をして置くようにしましょう。そうしておくことで、査定に出すときに好印象を与えると思います。
RV車は自転車など、泥がつきやすいものも運ぶことがありますので、泥を払ってから積み込むようにしてください。シートは中にスプリングが入っているものもあります。そのため、水分がつくとさびたりして、シートが腐食してしまうことがありますので、食べ物のカス、水分、泥などは極力持ち込まないように注意して乗ることを心がけましょう。
シートも内装もきれいにしておくだけで、査定は上がります。これまでの塗装面などと合わせて、しっかりとしたメンテナンスと洗車、車内清掃に努めましょう。
綺麗に保っていけば、査定も上がり、次に乗ってくれる人も安心して、乗ることができることでしょう。
掃除とかはほんの小さなことかもしれません。チリと積もれば山となるというように、日々車も自分のことと同じように磨いていけば、輝きを保っていくこともさらに増していくことも可能になるでしょう。
査定に出すということは次に乗ってもらいたいから出すのだということを理解して乗っていきましょう。


●ネットで査定を受けられるってほんと?
ちゃんと査定を行う場合、実際の車のすみずみまでをみて、査定するのですが、ネットでも車種、グレード、型式などを入れるだけで、大体の相場価格みたいなものは見られるようになってきています。でも、傷などがある場合など、心配がある場合はちゃんと中古車買取専門店で査定を受けるようにしてください。ネットでいい値段がついたからといっても、それは相場価格であって、実際の金額は買取専門店で査定した時点の価格であって、もし実際に見てもらった価格がネットより低かったとしても文句は言えませんので、そのへんを理解して、査定を受けるようにしてもらいたいです。
ネットで写真などを送る必要がある場合は、ちゃんと隠さずに細かく写真を送ってあげると査定もしやすく、はっきりした値段も付けられると思います。それで、双方が納得できる形で取引ができればと思っています。
ネット査定については、簡単にできる反面、細かい部分をどのようにして判断するかなどの課題もありますので、査定を受ける場合はしっかりと確実な方法を選択して、査定を受けるようにしてください。
ネットにしても、実見によるものにしても、査定は一定の基準を元にして、基準額があり、そこから傷やオプションの状況などでプラスやマイナスして、査定を行っていきます。そして、割り出された金額で車は買い取られて、中古車として販売されていくということになるのです。基準額が車種やグレード、年式によって決まっていることを確認しましょう。

■中古車買取査定、相場の対応県名

北海道・東北
・北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

関東
・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県

北陸・甲信越
・新潟県・富山県・石県川・福井県・山県梨・長野県

東海
・愛知県・岐阜県・静岡県・三重県

近畿
・大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県

中国・四国
・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県

九州・沖縄
・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

 

サイトマップ